子どもってわんぱくで元気な子が多いですよね。

お外で走り回るのが大好きな子供がね。

とは言え、走り回ってこけてしまう子だって少なくありませんね(^^;

”痛い・・・”

泣いて訴えてくる子も。

まぁ、その逆でこけてもこけてもケガしても血を流してもそのまま遊んでいる子も居ますが(^-^;

怪我の度合いにもいろいろあります。

すり傷の場合は、まずは消毒ですね。

後は、絆創膏をはるかどうかですがそれは傷次第??

子どもにとって絆創膏は最強なんですよ!

痛くなくなる魔法のアイテムなんでね。

怪我の対処法、ちょっとした事でも関わってあげて心の傷も治してね。